03:16 2020年07月12日
国際
短縮 URL
筆者 :
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (210)
0 33
でフォローする

ロシアは世界ではじめて無人原子力潜水艦を建造する可能性があるが、米国は現在、同様の軍備を開発する技術を有していない。フォーブス誌が報じた。

同誌によれば、ロシアの潜水艦の優位性は、米国の潜水艦とは異なり、少数の兵士での操舵が可能な点にある。そのため、機械工学の発展により、無人潜水艦の開発が開始された場合、ロシアは大きな優位性を持つこととなる。

フォーブス誌は、今日、ロシアはドローン技術と原子力タービン発電機を連結させる能力を持ち、そのことから世界ではじめて打撃用無人原子力潜水艦の建造が可能となると指摘する。

また、フォーブス誌は、ロシアはこれらの技術を以前から所有しているが、現存する西側の原子炉は搭乗員を前提にした潜水艦用に開発がされているだけに、新しい原子炉の建造には多くの時間と費用が必要となると指摘する。

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (210)
タグ
軍事, 米国, ロシア, ロシア軍
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント