09:48 2020年10月30日
国際
短縮 URL
0 110
でフォローする

イスラエル空軍機は日常的に隣国レバノンの領空を侵犯し、シリア領を空爆する事態が続いている。こうした状況を受けて国連レバノン駐留軍(UNIFIL)のステファノ・デ・コール司令官はイスラエルによる国連安保理決議1701の違反を指摘し、隣国レバノンの領空侵犯を中止するよう厳重に抗議した。

UNIFILのデ・コール司令官は4月8日、レバノンの首都ベイルートでハッサン・ディアブ首相と会談し、イスラエル・レバノン紛争の解決に向け採択された国連安保理決議1701の順守について協議した。

会談の中でデ・コール司令官はイスラエル空軍の行動は国連安保理決議1701に対する重大な違反、およびレバノンの主権侵害に当たるとの考えを示した。

また、イスラエル空軍による主権侵害行為は地域の不安定化を招くと指摘し、厳しい内容の抗議文をイスラエル軍に送ったことを明らかにした。

レバノン政府も同様にイスラエル軍による領土侵犯に抗議を続けている。イスラエル空軍はシリアを空爆する際にレバノン南部の空域を侵犯しており、レバノン側は断固として受け入れられないとしている。

一方、イスラエル空軍はレバノン領空で飛行訓練と偵察行為を日常的に実施している。

関連ニュース

タグ
レバノン, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント