12:58 2020年10月20日
国際
短縮 URL
ナゴルノ・カラバフの状況 (36)
0 33
でフォローする

南コーカサスの未承認国家「ナゴルノ・カラバフ共和国」のアライク・ハルチュニャン大統領は9月30日に開かれたブリーフィングの中で、「長期的戦争に備えなくてはならない」と国民に呼びかけた。9月27日に勃発したアルメニアとアゼルバイジャンの戦闘行為により、ナゴルノ・カラバフ共和国軍の戦死者はすでに100人を超えている。

フェイスブック上で公開されたブリーフィングの中でハルチュニャン大統領はこの「戦争」が長期的になるとし、国民に忍耐を呼び掛けた。戦闘行為を放棄した場合、「自国に生きる権利という、最重要課題の実現に問題が生じるだろう」と発言し、長期戦になる見方を示した。

また、ハルチュニャン大統領は記者会見の中で、「戦争はアゼルバイジャンの敗北に終わるだろう。あるいは、少なくとも勝利の形では終わらさせない」と発言し、徹底抗戦する姿勢を強調した。

ナゴルノ・カラバフ共和国国防省によれば、隣国アゼルバイジャンとの境界ライン上ではすでに100人以上の共和国兵が死亡したという。

アゼルバイジャン政府はナゴルノ・カラバフ共和国を支援する紛争当事国のアルメニアがシリアとリビアからテロ組織の戦闘員を傭兵として動員しているとして批判を強めている。

アゼルバイジャン外務省のレイラ・アブドゥラーエワ報道官は30日に行われた記者会見の中で、「アルメニアはそうしたリソースを広く動員しており、この点について我々は何度も懸念を示してきた」とし、中東各国からテロ組織の戦闘員らを傭兵として動員する政策を放棄するようアルメニア側に要求した。

これに対しアルメニアは、中東やトルコから戦闘員を動員して前線に投下しているのはアゼルバイジャン側であるとして、批判を返している。この批判をアゼルバイジャン側は退けている。

ナゴルノ・カラバフ紛争が激化

アゼルバイジャン国防省は9月27日、アルメニア軍がナゴルノ・カラバフ共和国の境界ラインに広がる集落に発砲したと発表した。

攻撃を受けたアゼルバイジャン軍は報復としてナゴルノ・カラバフ共和国に空爆とミサイル攻撃を行い、武器庫などの軍事施設を破壊。これにより双方に民間人を含む犠牲者が出た。

現在、ナゴルノ・カラバフでは戒厳令が敷かれている。アルメニアも戒厳令と総動員令を発令した。

関連ニュース

トピック
ナゴルノ・カラバフの状況 (36)
タグ
アゼルバイジャン, アルメニア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント