13:19 2020年11月24日
国際
短縮 URL
0 03
でフォローする

G20サミット(主要20か国首脳会議)がオンライン形式で開幕し、議長国であるサウジアラビアのサルマン国王は開会にあたっての演説でグローバル経済の活性化に向けた取り組みを強化するほか、パンデミックの克服に向けて国際的に団結する必要性を訴えた。

G20サミット(主要20か国首脳会議)は2日間の日程で開催され、トランプ米大統領や中国の習近平国家主席、日本の菅首相らが出席した。

© Sputnik / Алексей Агарышев

議長国であるサウジアラビアのサルマン国王は開会にあたっての演説で、グローバル経済の活性化に向けた取り組みを強化するほか、パンデミックの克服に向けて国際的に団結する必要性を訴えた。

我々はさらに続くパンデミックに備える必要があり、グローバル経済を支援し、人と物の移動を加速化させるために国境と経済活動を開放する責務がある。

加えてサルマン国王はG20の国々で連携して発展途上国を支援し、戦後の世界経済を促した成長の流れを維持する必要性を指摘した。

また、新型コロナウイルスのパンデミックについて言及した中で、現在の状況を「前代未聞のショック」とコメントし、世界で開発が続くワクチンを広く利用可能とさせる枠組みを各国で協力して構築するよう呼び掛けた。

G20サミット(主要20か国首脳会議)は2日間の日程でオンライン形式で開幕し、議長国のサウジアラビアが2日目に共同声明を発表する。

G20はパンデミックによりダメージを受けた世界経済の回復に向けて11兆ドルを投じたほか、パンデミック対策費として210憶ドル以上を費やしてきた。

関連ニュース

タグ
経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント