05:35 2021年09月24日
国際
短縮 URL
0 63
でフォローする

在米中国大使館は、米国は最近、世界保健機関(WHO)を含む国際機関を深刻に損ね、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する国際協力に重大な打撃を与えた」と発表した。

また中国大使館は、米国がWHOの活動を実際の行動で支援し、COVID-19に関する国際協力にしかるべき貢献を果たすことに期待しているとし、「世界はこれを見守るだろう」と指摘した。

中国は、新型コロナウイルスの起源に関する米国側からの批判的な指摘を受けてこのような談話を発表した。

先に、ジェイク・サリバン米大統領補佐官( 国家安全保障問題担当)は、新型コロナウイルスの起源に関するWHOの初期の調査結果に懸念を表明し、中国がWHOの専門家チームの結論に圧力をかけないよう求めた。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、コロナウイルスが中国国内でいつ、どのように感染拡大したかを判断するのに役立つとみられる新型コロナの初期症例に関する生データを、中国当局がWHOの専門家チームに提供することを拒否したと報じた。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, WHO, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント