08:25 2021年04月21日
国際
短縮 URL
0 14
でフォローする

ジョー・バイデン米大統領は新たに発表した2兆ドル(約250兆円)の追加経済支援策により中国との国際競争に勝利することを約束した。

バイデン大統領は31日、ペンシルベニア州ピッツバーグ市で演説を行い、追加経済支援策を発表した中で、中国との国際競争について言及した。

これにより我々は国際舞台における競争力をさらに高め、国家安全保障上の利益を拡大し、今後数年の間で中国とのグローバル競争に勝利する可能性を手にするだろう……この計画は絵に描いた餅ではなく、米国に対する投資であり、1つのジェネレーションで1度あるかないかのものだ……これは第二次世界大戦以来、米国の雇用に対して最大の投資になる。

報道によると、新たな経済支援策では6500億ドルがインフラ整備(道路、橋、港)に充てられるほか、高齢者や身体障がい者のケアとして4000億ドル、住宅基金と国内産業の活性化に3000億ドルが確保されている。さらに、電線網、インターネットの基地局、水道の整備として数千億ドルが見積もられている。これらの措置はいずれも法人税の引き上げによる税収で賄われるという。

共和党はおおむねインフラ投資の必要性に賛同している。ただし、バイデン大統領の新たな経済対策には高齢者向け医療保障の拡充や、労働組合設置に向けた支援策、社会における不平等との戦いなど、共和党が賛成していない項目も見られる。経済対策には道路や橋の建設といった公共事業が含まれているものの、民主党の優先事項が色濃く反映されており、共和党の反発が予想される。

関連ニュース

タグ
ジョー・バイデン, 経済, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント