03:55 2021年05月18日
国際
短縮 URL
福島第一原発の処理水海洋放出 (22)
0 43
でフォローする

米国務省は12日(日本時間13日)、日本政府が東京電力福島第1原発の放射性物質を含んだ処理水の海洋放出を正式決定したことについて声明を発表した。時事通信が報じた。

米国務省は「日本政府が処理水の管理に関する幾つかの選択肢と影響を比較考慮したことを米政府は認識している。独特で困難な状況において、日本は透明性を保ち、世界的な原子力安全基準に合致した手法を採用したようだ」という内容の声明を発表した。

一方、韓国政府は同日の緊急会議で、海洋放出について「容認できない」と批判し、「強い遺憾」を表明した。

これより前、中国は、処理水の海洋放出について、周辺諸国と協議をしたうえで決定するよう日本政府に求めていた。

先に、日本政府は東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出の方針を決めた。菅首相は「処理水処分は廃炉に避けて通れない課題。海洋放出が現実的と判断した」と説明したうえ、「基準を上回る安全性を確保し、政府を挙げ風評対策を徹底する」と強調した。

福島第1原発の汚染水を浄化した後の処理水はタンクに保管されているが、放射性物質のトリチウムを含んでいる。「スプートニク」は、日本政府の処理水放出の決定は危険なものなのか、あるいは十分信頼に足るものなのか、専門家に話を聞いた。

関連記事

トピック
福島第一原発の処理水海洋放出 (22)
タグ
韓国, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント