13:07 2021年09月18日
国際
短縮 URL
0 14
でフォローする

世界の温室効果ガスの14.5%は畜産企業によって排出されている。ガーディアン紙が報じた。生態学者らは、収益率の高い国々が肉の生産を削減し、世界が天災に対応するためにも畜産企業への融資を中止するよう訴えた。

専門家らが設立した国際機関「Friends of the Earth」とハインリッヒベル財団が作製した報告書「Meat Atlas」を引用した報道によれば、世界の農地の4分の3が家畜の飼育とその餌のための農作業に使用されている。報告書は、ブラジルだけでも牛の飼育に、欧州連合(EU)の全農地とほぼ同じ規模の土地が使用されていると指摘する。世界の食肉生産大国である中国と米国、EU各国はブラジルにわずかにおよんでいない。

専門家によれば、今日、世界の食肉生産の60%を占める畜産企業20社が、ドイツや英国、フランス以上に温室効果ガスを排出し、同時に巨額の財政支援を受けている。ガーディアン紙によれば、2015年から2020年までに

食肉よび乳製品の生産企業は、投資企業や銀行、年金基金の2500社から4780億ドル超(約52兆6000億円)を受領し、その多くは北米または欧州に位置している。

報告書は、最近、動物性たんぱく質を生産する企業は食肉の代替品に関心を示しているが、このことが問題の解決を図ることはなく、企業は新たな利益の創出のためだけに取り組んでいると指摘する。専門家らは、「企業が、彼らがすべてのサプライチェーンでもたらした損害に対し支出し、今後の損失を最小限に抑えることを確認」するため、産業の規制を通じて食肉生産を削減するよう訴えている。報道によれば、報告書では同様に畜産企業への融資の禁止を呼びかけている。

通信社「スプートニク」は以前、米国ミシガン大学の研究者らが実施した、肉製品の頻繁な摂取が健康にとって害となるという研究結果について紹介している。

関連ニュース

タグ
地球温暖化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント