21:27 2021年10月16日
国際
短縮 URL
0 60
でフォローする

メッセージアプリWeChatを利用する中国人ブロガーは、ロシアのお茶文化はユニークだと指摘し、その驚きについて語った。

中国人ブロガーは、ロシアの住民がお茶を飲むことを愛したのは、東でそれが起こったのよりも遅かったが、西側諸国より早かったとし、ロシアと中国のお茶文化の最初で最大の違いは、ロシア人はお茶に砂糖を加えるのが好きなことだと指摘した

中国ブロガー「ロシアのスーパーで驚いた食品」
© Sputnik / Евгений Одиноков
ブロガーは2つ目の特徴として、ロシア人は甘いものが好きなことを挙げ、ロシアのお菓子は甘すぎると指摘し、緑茶と一緒に食べることを勧めた。

またブロガーは、花、ハーブ、フルーツ、ベリーなど多種多様なロシアのお茶にも驚かされたと語った。ブロガーは、ロシアには豊かな森林があるため、香りのよい茶を楽しむためにさまざまなハーブなどを収穫することができると説明した。

またブロガーは、ロシアの人たちは一日24時間いつでもお茶を飲み、それがどんな食事であってもお茶がつきものであることに気づいたという。

ブロガーは「ロシアのお茶は、人々が集まって話をするためのきっかけだ」と指摘している。

ブロガーは、ロシアではとても長い時間お茶を飲み、その間にたくさんの問題について話し合われることがあると語っている。

関連ニュース

タグ
中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント