サッカーW杯ロシア大会

ロシアに人種差別はなく、ぜひロシアW杯へ=ナイジェリア大使

© Sputnik / Julia Chestnova
サッカーW杯2018のニュース
短縮 URL
0 82

ロシアに駐在するナイジェリア大使は、ロシアに人種差別的問題がないとして、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会を訪れるよう呼びかけた。

スプートニク日本

ロシアに人種差別的な問題はなく、ロシア大会中にロシアを訪れた外国人はそれを確信するだろうと、ナイジェリア大使スティーブ・デイビス・ウグバ氏が記者団に伝えた。

「怖いと思うことがなく、今ロシアの街を歩くことは怖くない。私がこの国で目にした安全水準は、ロシアが黒人にとって素晴らしい国だと確信させる。訪れて、ここに危険がないことを自ら納得することをおすすめする。」

サッカーW杯は、今年6月14日から7月15日にかけてロシアで初めて開催される。試合はモスクワ、サンクトペテルブルク、ヴォルゴグラード、エカテリンブルク、カザン、カリーニングラード、ニジニ・ノヴゴロド、ロストフ・ナ・ドヌー、サマーラ、サランスク、ソチの11都市で行われる。

サッカーW杯ロシア大会の最新のニュースは、スプートニク日本の特別プロジェクトでお読みください。

 

日本代表とはどこで会える?

ベース タタルスタン共和国カザン市のサッカークラブ「ルビン」のベースキャンプ

グループステージの試合

6月19日、サランスクの「モルダヴィア・アリーナ」対コロンビア戦

6月24日、エカテリンブルグの「エカテリンブルグ・アリーナ」、対セネガル戦

6月28日、ボルゴグラードの「ボルゴグラード・アリーナ」、対ポーランド戦

ベースキャンプのチョイスでは日本は地理的な要因よりトレーニングのしやすさを優先させた。そのため、トレーニングセンターと試合の行われる場所とは地理的に隔たりがある。ベースキャンプのあるカザンで試合を行うには、グループHで1位となって、ラウンド16で英国、ベルギーに勝利しなければならない。

関連ニュース

ロシアW杯でファンに1番人気の町、アナリストが分析

プーチン大統領、スタジアムが市場に変貌しないよう要請 ロシアW杯後の荒廃を懸念

タグ
スポーツ, サッカー, 2018年のロシアW杯, アフリカ, ナイジェリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント