登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

新形式 ロシアは米朝の仲裁に成功するのか?

© Sputnik / Iliya Pitalev / フォトバンクに移行北朝鮮
北朝鮮 - Sputnik 日本
フォローする
北朝鮮外務省のチェ・ソニ北米局長はモスクワを訪問し、29日、ロシアのモルグロフ外務次官や朝鮮半島問題担当のブルミストロフ特任大使と会談し、朝鮮半島や北東アジア情勢に関しておよそ4時間意見を交わした。NHKが報じた。

スプートニク日本

スプートニクはは会談前に、会談がもたらす結果についてのオピニオン記事を書いた。それによると、議題となるのは朝鮮半島で形成された危険な情勢から抜け出す出口。米朝間の直接的なコンタクトが制限されている状況では、ロシアの仲介役としての役割は緊張を取り除き、対話を確立させ、最終的に朝鮮半島の核問題などの解決を話し合う完全な会談開始のため、極めて重要になる可能性がある。

韓国、北朝鮮による核実験を巡るニュースを見る人々(アーカイブ) - Sputnik 日本
韓国政府が北朝鮮でのミサイル搬出を確認 また実験準備か=メディア
2017年、北朝鮮は大陸間弾道ミサイル開発の最終段階に出た。それを受けてトランプ大統領は何よりも中国に圧力を加えることに賭けた。結果、北朝鮮は迂回路に出ることに決めたようだ。

3月15日、北朝鮮でソニ北米局長と在北朝鮮ロシア大使がロシア人専門家グループを交えた協議を開いた。4月30日と5月25日、アレクサンドル・マツェゴラ在北朝鮮大使と北朝鮮の韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官が会談を開いた。北朝鮮側は会談で、米国の戦略兵器を導入した米韓演習が続く状況では、北朝鮮には核抑止力を一貫して強化するほか出口がないと強調した。6月末にはロシアのモルグロフ外務次官は、ロシアが朝鮮半島問題解決に向けたロードマップを策定したと発表した。行程表は前提条件なしに当事者が対話へと段階的に進めることを提案している。

米朝の対話が難航する間、北朝鮮はロシアと中国の行程表に関心を示し、審議のためソニ北米局長をモスクワに派遣することに同意した。さらに9月初頭、国連安全保障理事会の10回目の制裁決議案を採択した後、国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表がモスクワを訪問した。

ロシア外務省 - Sputnik 日本
ロシア 北朝鮮が核保有国として認められる見通しはない
ロシアが朝鮮半島方面へ活発度を高めているにも関わらず、全ての問題解決に向けた鍵はロシアにも中国にもない。そのため、今後の会談から大きな進展を期待するには値しまい。

同時に、20年間機能しなかった制裁が、北朝鮮が念願の夢である、米国から攻撃されないことを保証するという「核の盾」保有にこれほど近づいた現在機能するということもまた、想像し難い。

スイスで9月11日から13日にかけて開かれた6か国形式の非公式会合で北朝鮮代表は、もはや「2重凍結」の可能性を検討しておらず、米国との核の均衡を達成する意向だと述べた。これがどれほど審議されており、ロシアが北朝鮮と米国に代替策の必要性を説得できるか否かは、まもなく明らかになるだろう。

関連記事

水爆実験 北朝鮮のハッタリか?【オピニオン】

ラブロフ外相、米国が北朝鮮を撃たない理由を語る

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала