アラスカ 地元民に北朝鮮の核攻撃に準備を呼び掛け

© Tony Campbellアラスカ
アラスカ - Sputnik 日本
アラスカ非常事態計画委員会のメンバーのジェレミー・ジデック氏は地元民に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)からの核攻撃に備え、放射能の拡散に対処する薬を常備するよう呼びかけた。デイリーメール紙が報じた。

スプートニク日本

デイリーメールによれば、アラスカの住民に常備が呼びかけられたのは食糧と医薬品で、その中には核攻撃に備えて放射能の作用に対処できる薬も含まれている。ジデック氏はこのほかにも家には飲用水、懐中電灯、ラジオの常備を勧めている。

ジデック氏は「市民に常備を勧めているのは別のいかなる災害にも備えるべきもの」で、核攻撃が行われた場合、避難する時間もないかもしれないため、攻撃が終了するまで潜伏し、待機するよう呼びかけている。

関連ニュース

核戦争を生き延びる方法は?

核攻撃命令、米軍が拒否の可能性も 公聴会で元司令官

米軍退役准将:北朝鮮との軍事衝突 見通しはかなり悪い

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала