トランプ氏、北朝鮮ミサイルについてコメント

© REUTERS / Jonathan Ernstトランプ氏、北朝鮮ミサイルについてコメント
トランプ氏、北朝鮮ミサイルについてコメント - Sputnik 日本
トランプ米大統領は28日、ホワイトハウスでの記者会見で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に関して「(米国として)事態に対処していく」と述べ、解決への決意を示した。共同通信などが伝えた。

スプートニク日本

北朝鮮のミサイルはどこまで飛ぶことができるのか - Sputnik 日本
北朝鮮のミサイルはどこまで飛ぶことができるのか
トランプ氏は、今回発射により北朝鮮に対する米国のアプローチが変わるかどうかについて、「何も変わらない」と述べ、「非常に深刻な事態だととらえている」と強調した。

米国防総省は、同盟国の日本や韓国を防衛する米国の決意は「揺るぎない」と表明した。

共同通信によると、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は、今回のICBMについて米国の領土や同盟国にとって直接の脅威にはならなかったと結論付けた。

一方、マティス国防長官は、発射されたICBMの到達高度が「これまでの発射に比べ最も高高度だった」との分析を明らかにした。また、マティス氏は「北朝鮮によるミサイル開発は世界や地域の平和と米国を危険にさらす」と強調した。

関連記事

北朝鮮に明るい未来はない=菅官房長官

韓国が北朝鮮の実習用標的にミサイル攻撃 北のミサイルへ報復

北朝鮮 不審な弾道ミサイルを発射=聯合ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала