北朝鮮で核実験場建設担当者らが粛清か

© REUTERS / KCNA北朝鮮で核実験場建設担当者らが粛清か
北朝鮮で核実験場建設担当者らが粛清か - Sputnik 日本
脱北者の証言によると、朝鮮民主主義人民共和国の核実験施設の建設に携わる担当部局の責任者が粛清された模様。また別の関係筋からは、北朝鮮軍総政治局局長の解任や第1副局長の更迭も伝えられている。朝日新聞が報じた。

スプートニク日本

粛清の対象となったのは、労働党131指導局の朴イニョン局長。同局は咸鏡北道豊渓里の核実験場の坑道や、平安北道東倉里のミサイル発射基地施設など、重要な軍事施設の建設を担当している。
朴局長の粛清理由は不明だが、「軍事機密の流出」を理由に職を解かれたとする見方や、春に実施する予定だった核実験が、坑道建設の遅れで9月まで遅延した責任を取らされたとする関係者情報、また実験による坑道崩落の責任を追及された可能性もある。

韓国紙の朝鮮日報によると、豊渓里では9月3日、7回の小規模な揺れが確かに記録された。これらの揺れは、坑道の崩落によって発生したものと考えられている。

北朝鮮 - Sputnik 日本
北朝鮮、金正日氏の命日に、制裁を受けているにもかかわらず我が国は前進していると発表
未確認情報では、朴局長は処刑されたとも言われている。

ただし、北朝鮮情報を収集する韓国統一省の特別ポータルサイトには、朴イニョン氏のことには触れられていない。韓国メディアでも同様に、本件に関する報道は見られない。一方、核実験施設の建設を担当する131指導局の存在については、脱北者らの証言によって2000年代から明らかになっていた。

なお別の関係筋からは、北朝鮮軍総政治局の金元弘第1副局長が「不敬な態度」を理由に更迭されたこと、連帯責任として黄炳瑞局長も解任され、次帥から上佐まで6階級の降格処分を受けたという情報ももたらされている。

関連ユース

米政府:「ワナクライ」によるサイバー攻撃の責任は北朝鮮に

陸上「イージス・アショア」2基導入を決定 北ミサイル防衛を強化

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала