登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

露国防省が米国を非難 フメイミム露基地の攻撃は米ドローンが操作

© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation/Vadim Grishankin / フォトバンクに移行Заместитель министра обороны РФ Александр Фомин. Архивное фото
Заместитель министра обороны РФ Александр Фомин. Архивное фото - Sputnik 日本
フォローする
露国防次官のアレクサンドル・フォーミン上級大将は、今年1月にシリアのフメイミム露軍基地を攻撃した無人機が米軍の哨戒機P-8「ポセイドン」から操作されていたことを明らかにした。ロシアのマスコミが報じている。

スプートニク日本

フォーミン次官は、「テロリストのハイテク兵器と戦わないためにはこれを相手に供給するのを止める必要がある」と述べている。

シリアではテロリストらが同国にあるロシアのフメイミム基地を攻撃する際などに無人機を活用している。今年8月だけでも、基地の防空システムによって無人機47機が撃墜された。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала