ソチの国際エキスポで日本のプロジェクトが受賞

© Sputnik / Ramil Sitdikov / フォトバンクに移行ロシアの国営原子力公社「ロスアトム」(アーカイブ写真)
ロシアの国営原子力公社「ロスアトム」(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
ロシア・ソチで第11回原子力国際フォーラム「アトムエキスポ2019」が閉幕した。2日間で40を超える調印式が行われた。参加団体は650を超えた。フォーラムのイベントには4000を超える代表団とゲストが参加した。

スプートニク日本

フォーラムでは産業、学術、医療、農業における核・放射線技術の非エネルギー適用問題を検討し、持続可能な開発を達成するための無炭素発電発展の主な潮流と世界的パートナーシップの役割を協議した。

「ロスアトム」、福島第1原発の「核溶岩」の挙動を予測する方法を計画する - Sputnik 日本
「ロスアトム」、福島第1原発の「核溶岩」の挙動を予測する方法を計画する
フォーラムでは第2回「アトムエキスポ・アワード」の授賞式も行われた。これは人類に益する原子力分野の発展と原子力エネルギー利用における企業の突出した功績を称えるプロフェッショナルを対象にした国際賞。受賞団体はブラジル、中国、ハンガリー、日本などの企業。日本からは丸紅ユティリティ・サービス株式会社が核廃棄物処理の実験的技術の開発プロジェクトで「未来のためのイノベーション」部門で受賞した。

今年、フォーラムは参加した企業の国の総数で最多の74カ国を記録した。

国際フォーラム「アトムエキスポ」はロシア国営原子力企業「ロスアトム」の協賛のもと2009年から開催されている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала