登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

価値1億円の中世のチェス駒が引き出しから見つかる【写真】

© 写真 : Sotheby’s価値1億円の中世のチェス駒が引き出しから見つかる
価値1億円の中世のチェス駒が引き出しから見つかる - Sputnik 日本
フォローする
英エジンバラの匿名希望の家族が、有名な中世のチェス駒「ルイス島のチェス駒」を自宅で見つけた。価格はオークションで100万ポンド(約1億3700万円)の価格がつけられる可能性もある。Sky Newsが報じた。

スプートニク日本

セイウチの牙で掘られたルークは、12世紀に作られたチェス駒セットの1つ。この「ルイス島のチェス駒」は1831年、スコットランドのルイス島で発見された。

現在、78駒のうち11駒がスコットランド国立博物館、残りが大英博物館に収蔵されている。

​5つの駒の行方がわかっていなかったが、今回、うち1つが発見された。駒は1964年、コレクターがエジンバラの骨董商から5ポンドで購入したもの。

家族は、コレクターの亡くなった妻がドレッサーの引き出しの中で、小さな袋に入れて駒を保管していて、駒の「魔術的な性質」を信じていたと述べる。

コレクターが亡くなり、家族が駒をオークションハウス「サザビーズ」の鑑定に出した。鑑定士は、駒が「ルイス島のチェス駒」の1つであり、100万ポンドの価格が付けられる可能性もあると明らかにした。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала