トルコ、米国に「過ちを正す」よう呼び掛ける F35計画排除をめぐり

トルコ外務省は17日、米国が最新鋭ステルス戦闘機F35の共同開発計画からトルコを排除すると発表したことを受け、両国関係への「取り返しのつかない打撃になる」という内容の声明を発表した。時事通信がトルコのアナトリア通信の報道をもとに伝えた。

同国外務省は「F35計画からの排除は一方的な動きだ。同盟の精神に反し、正当な理由に基づくものでない」と指摘したうえ、「過ちを正す」よう米国に呼び掛けた。

先に米ホワイトハウスは、トルコがロシア製ミサイルS400の搬入を始めたことを受け、トルコをF35の多国間共同開発計画から除外すると発表していた。

関連ニュース

トルコにF35売却できず不満=トランプ大統領

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала