登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシアでおばあちゃん1人に対する孫の数が減少 専門家

© Fotolia / Progatロシアでおばあちゃん1人に対する孫の数が減少 専門家
ロシアでおばあちゃん1人に対する孫の数が減少 専門家 - Sputnik 日本
フォローする
ロシアではこの100年でおばあちゃん1人に対する孫の平均人数が6.7分の1に減少した。プレハーノフ記念ロシア経済アカデミーの研究者エレーナ・エゴロワ氏が明らかにした。

 エゴロワ氏によれば、ロシアでは1926年に100人の祖父母に対し孫が542人だったが、2002年には87人に、2019年には81人に減少した。

渋谷 - Sputnik 日本
100年後の日本 人口5千万人に激減するおそれ
高齢化は世界のトレンド

国連の予測によれば、2035年には地球の人口の約13パーセントが65歳以上になるとされている。人口に換算すると、その数は10億人を超える。

国連の評価によれば、1980年代に100人当たりの労働者(25歳から64歳の成人)が扶養した65歳以上の高齢者は平均して16人だった。この状況はなんと2000年代まで続いた。しかし、2035年になると、この数値が激変する。

専門家によれば、ロシアでは2025年までに年配者の割合が27%に達し、2035年には労働人口を上回ると推測されている。

この問題については関連記事をご参照ください。

関連ユース

日本の働き手、過去最低に

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала