縞模様ではなく「水玉模様」のシマウマが誕生 ケニア【写真】

ケニア南西部のマサイマラ国立保護区で生まれたばかりのシマウマが発見されたが、この赤ちゃんには通常の縞模様ではなく、水玉模様がついていた。さらにこのシマウマの赤ちゃん、他のシマウマよりはるかに黒い部分が多い。

この珍しいシマウマの赤ちゃんがはじめて発見されたのは約一週間前。水玉のシマウマの写真はSNSですぐに拡散された。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Ashwin Shekar (@shekarashwin)

サファリガイドのアンソニー・ティラ氏によれば、この貴重なシマウマは他の子どもより弱々しく見え、常に母親のシマウマが寄り添っていたという。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Renato São Thiago (@zoovet__)

専門家らは、色素生成に関わる遺伝子異常の可能性があると考えている。こうした遺伝子異常はマサイマラ国立保護区でのはじめてのケースだという。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от @the_maasai_mara

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Patacón News (@pataconnews)

他の保護区では、アルビノ遺伝子異常による他色のシマウマの寿命は概して半年以内。特別な色のため、こうした動物は肉食獣の標的になりやすい。

関連ニュース

子どもの疑問「どうしてシマウマはしましまなの?」に学者が真剣に答えた

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала