チェリャビンスク隕石の展示ケースが勝手に上昇 ロシア

© Sputnik / Aleksandr Kondratuk / フォトバンクに移行チェリャビンスク隕石
チェリャビンスク隕石 - Sputnik 日本
ロシア中南部チェリャビンスク州にある南ウラル歴史博物館は、2013年に同州に落下した隕石の破片を収めたドーム型展示用ケースが自然に上昇した様子を捉えた動画を公開した。この動画へのキャプションには「私たちは神秘主義を信じていないが、最近チェリャビンスクに落下した『チェリャビンスク隕石』と同類の隕石が地球の近くを通過したことを覚えています。これをどうとらえるかはみなさんに任せます」と書かれている。

動画はロシア最大のSNS「フコンタクチェ」の同博物館のページで公開されている。動画では、来館者が隕石を収めたショーケースを含む展示品を見ている様子が映っている。すると、ある瞬間、隕石のドーム型展示ケースが自然に上昇し始める。

南ウラル歴史博物館の関係者は「警備員がその場に駆けつけると、ドーム型展示ケースは下降しました。

チェリャビンスク隕石の破片 - Sputnik 日本
研究者が指摘 新たなチェリャビンスク隕石の地球衝突の危険性
しかし、なぜこんなことが起きたのか説明できませんし、原因もわかりません。なぜなら技術的な問題がなかったことは確かだからです」と話した。


2013年2月15日、チェリャビンスク州のチェバルクリ湖に隕石が落下し、チェリャビンスク州とその周辺地域の住民は空に閃光が走り、爆発が起こったのを目撃した。隕石の破片はチェバルクリ湖付近で見つかったが、600キロ以上にもなる最も大きい隕石の破片は、その湖から見つかり、引き上げられた。

関連記事

カムチャツカ沖上空で隕石爆発 昨年12月、広島原爆の10倍規模 誰も気づかず【写真】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала