登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ビタミンD 欠乏するとがん発症や神経系に影響

フォローする
ビタミンDの欠乏は、特定のタイプのがんのリスクを高めるだけでなく、神経系や心血管系にも悪影響を与える恐れがある。内分泌学のファティマ・ドズゴエワ医師(準博士)が語っている。

ドズゴエワ医師によると、ビタミンDの欠乏は、乳がん、腸がん、前立腺がんの発症リスクを高める恐れがある。

Рис - Sputnik 日本
ガン、心臓病リスクを下げる食物とは?
ビタミンDはさらに、人体の免疫システムに影響を及ぼす。このビタミンが欠乏すると、感染症や自己免疫疾患の発症率の増加につながる。

同医師によると、神経系と循環器系の問題や、多発性硬化症、糖尿病1型、潰瘍性大腸炎の発症リスクは、ビタミンD不足によって増加するという。

最後にドズゴエワ医師は、ビタミンD不足かどうかを確認するためには、血液検査を受けるのが一番だとアドバイスしている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала