登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

脳の機能を正常するために必要な食品とは ロシアの栄養士が語る

CC0 / Pixabay /
脳 - Sputnik 日本, 1920, 03.02.2021
フォローする
不適切な食生活は、脳の働きに影響を与え、健康状態の悪化や疲れ、気持ちが悪くなるなどの症状につながる。ロシアの栄養士エレナ・ソロマチナ氏が、ラジオ・スプートニクのインタビューで、どのような食品がそういった症状を改善できるのかについて語っている。

ソロマチナ氏によると、卵黄や肉、特にラム肉、オートミールやカリフラワーなどに豊富に含まれるコリンを十分に摂取することが重要だという。また、ビタミンB12や鉄分を含む食品も必要で、これらはすべて脳の働きを促進する。

肥満 - Sputnik 日本, 1920, 29.01.2021
肥満は脳の健康に危険
同氏は以下のように説明している。

「コリンはアセチルコリンの前駆体であり、神経衝撃の伝達速度を保つ。ビタミンB12を含む食品を食べる必要があるが、その摂取量は年齢とともに減少することが多く、めまいや倦怠感が現れることがある。脳に一定量の酸素を供給するためには、レバーや赤身の肉など鉄分を含む食品を食べる必要がある」

ソロマチナ氏は、望ましい効果を得るためには、これらの食品を適度に食べることが必要で、できるだけ多く摂取するのは避けてほしいと説明している。これらを摂り過ぎると、含まれる毒素が全ての利点を中和してしまうという。

また、これらの食材は揚げずに調理することが好ましい。また、糖分のあるお菓子の量を制限し、青菜や野菜、果物を多めに摂取することも必要だという。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала