登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

家電でスパイ活動が起こる可能性 ロシアのIT専門家が語る

スマホ - Sputnik 日本, 1920, 18.03.2021
フォローする
スマート家電は、生活の質を向上させることを目的として発展しているが、それにはサイバー攻撃の危険性が伴っている。例えば、私たちが室内灯の明るさを調節したり、冷蔵庫の扉にレシピを表示する際に家電を音声で操作すると、家電は我々の映像を受け取り、データをサーバーに送り、そこで計算を行う。このような状況について、ロシアIT企業「インテレクチュアル・リザーブ」のパーヴェル・ミャソドエフ社長は、ハッカーがそういったデータを傍受する恐れがあるとニュースサイト「プライム」で語っている。

ミャソドエフ氏は、「ユーザーの情報や生体情報が通信中に傍受されたり、ハッカーによってサーバーが攻撃されるだろう。ハッカーはこのデータからユーザーについて多くのことを知ることができる。しかし、これはスマート家電が我々の世界にもたらす最大のリスクではない」と指摘している。

例えばドアベル、カメラ、マイクなどの機器がインターネットに接続されていれば、他人はあなたの行動を知ることができる。場合によっては外から鍵がかけられてしまい、そうなるとあなたの生命や身体に危険が及ぶこともあり得る。

同氏の言葉は、今後数年間に起こると予想されるサイバー脅威の傾向と一致している。コンピューターセキュリティ企業の国際企業「カスペルスキー」は、一般ユーザーに対するサイバー攻撃が大規模化し、よりテクニカルなものになり、家電を含むインフラが標的になると指摘している。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала