登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

在カブール米大使館 タリバンの接近に備え機密文書の破棄へ

CC0 / USAID Afghanistan / 在カブール米大使館
在カブール米大使館 - Sputnik 日本, 1920, 14.08.2021
フォローする
アフガニスタン首都カブールの米国大使館指導部は、機密資料がタリバン(ロシアで禁止されている組織)の手に渡ることを恐れ、破棄するよう外交官に指示した。米CNNが報じている。

同局は、「複数の都市がタリバンの支配下に置かれている。13日の時点で、タリバンは第2の都市カンダハルを含むアフガニスタンの州都のうち半分を支配している」と報じている。

タリバン、ロガール州の州都プリアラムを制圧 - Sputnik 日本, 1920, 14.08.2021
タリバン、ロガール州の州都プリアラムを制圧
外交筋が同局に語ったところによると、情報機関の予測では、カブールが1週間以内、場合によっては72時間以内にタリバンに制圧される可能性がある。しかし外交筋は、タリバンがカブールに入る可能性はないと強調している。

バイデン米政権は12日、カブールの米国大使館の職員を大幅に縮小すると発表した。現地では数千人の米軍が派遣され、外交官をはじめ米国の民間人の退避を支援している

タリバンは最近、同国の農村部で大きな領土を獲得し、主要都市への攻撃を開始した。政府軍とタリバン戦闘員の対立激化は、米軍のアフガニスタン撤退に端を発している。米政権は2021年9月11日までに、同国から米軍を撤退させる予定。

ジョージ・W・ブッシュ米政権は、2001年以降、タリバンの動きに対抗するためアフガニスタンに米軍を駐留させている。また、国際治安部隊(ISAF)は、2001年12月20日の国連安全保障理事会の決議に基づきアフガニスタンで活動している。

2020年、米国とタリバンは18年以上続く戦争の中ではじめて休戦協定を結んだ。その協定によると、米軍は9月11日までにアフガニスタンから撤退しなければならない。バイデン政権は、タリバンとの協定を見直す意向を示している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала