登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス

医学雑誌ランセット、新型コロナの起源を調査していたワーキンググループを解散させる

© Sputnik / Vyacheslav Bobkov / フォトバンクに移行コウモリ
コウモリ - Sputnik 日本, 1920, 26.09.2021
フォローする
医学雑誌ランセットのコロナウイルス委員会の委員長で米コロンビア大学教授のジェフリー・サックス氏は、利益相反の可能性を理由に、新型コロナウイルスの起源を調査していたワーキンググループを解散させた。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。
サックス氏は、ワーキンググループと非営利団体EcoHealth Allianceのつながりを懸念し、解散を決めたという。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、EcoHealth Allianceはニューヨークに本拠を置く団体で、米国の資金を使って新型コロナウイルスが最初に確認された中国の武漢にあるウイルス研究所と合同でコウモリのコロナウイルスを研究していた。
米情報機関 武漢ウイルス研究所のウイルス情報を入手 データ処理に取り組む - Sputnik 日本, 1920, 07.08.2021
新型コロナウイルス
米情報機関 武漢ウイルス研究所のウイルス情報を入手 データ処理に取り組む
ワーキンググループを6月まで率いていたのはEcoHealth Allianceの ピーター・ダザック会長で、ワーキンググループに所属していた一連の学者が以前、ダザック氏またはEcoHealth Allianceと協力していたという。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ダザック氏は、コロナウイルスは実験室でつくられたとする新型コロナ実験室由来説に反対している。
なおサックス氏は、2022年に報告書を発表するために委員会は新型コロナウイルスの起源に関する調査を続けると主張している。
関連ニュース

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала