ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

G7外相、欧州の安全保障及び信頼強化を目指しロシアに対話を呼びかけ

© Sputnik / Evgeny Odinokov / フォトバンクに移行G7外相、欧州の安全保障及び信頼強化を目指しロシアに対話を呼びかけ
G7外相、欧州の安全保障及び信頼強化を目指しロシアに対話を呼びかけ - Sputnik 日本, 1920, 20.02.2022
G7外相は欧州の安全保障、信頼強化、軍備管理の問題でロシアと対話する用意がある。安全保障をテーマとしたミュンヘン会議の会合後にG7外相が発表した共同声明に記されている。
ドイツ外務省が発表したG7外相の声明には、次のように記されている。
我々はロシア側に外交的連携の用意があるという最近の声明を了解した。我々は欧州の安全保障、リスクの低下、透明性、信頼強化、軍備管理など、共通の利益をもたらす問題についてロシアと対話する用意があることを強調する。
ロシアの「攻勢」に米国は応じる用意がある=米国務長官 - Sputnik 日本, 1920, 20.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアの「攻勢」に米国は応じる用意がある=米国務長官
それと同時にG7外相はウクライナを巡る状況でロシアがクリミア半島、及びベラルーシで軍事力を強化していることに懸念を示した。外相らによると、ロシアは不当に軍事力を西側に集中させており、その規模は冷戦終結後最大となっていることから、グローバルな安全保障、及び国際秩序に対する挑戦となっている。その上でロシアに対し、外交の道を選び、緊張緩和を目指し、ロシアとの国境付近から大規模な部隊を撤退させ、国際法上の義務を完全に遵守するよう呼びかけた。
Президент Украины Владимир Зеленский в маске - Sputnik 日本, 1920, 02.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシア国民はウクライナとの戦争を望んでいない=ゼレンスキー大統領
また、 ロシアに対してはウクライナ東部の未承認国家、「ドネツク人民共和国」、「ルガンスク人民共和国」に対する影響力を行使し、緊張緩和を保証するよう呼びかけた。
加えて、ウクライナ東部の衝突ラインで重兵器が使用され 居住区が砲撃されている状況を強く非難した。これはミンスク合意の明らかな違反に該当するとG7の共同声明には記されている。
またウクライナ東部の住民に対しロシア政府がロシア国籍を付与し続けている現状も強く非難し、これも同様にミンスク合意の精神に矛盾すると指摘した。
その上でG7外相はウクライナ東部の政治的な調停のためにはミンスク合意の遵守が不可欠であると呼び掛けた。
関連ニュース
英ジョンソン首相「ロシアも他国同様、平和で安全に生きる権利をもつ」
G7外相、ウクライナ侵攻でロシアは大きな代償を=林外相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала