露米首脳会談は可能 ただしロシアのウクライナ「侵攻」がなければ 米大統領補佐官

© AP Photo / Carolyn Kasterジェイク・サリバン米大統領補佐官・国家安全保障問題担当
ジェイク・サリバン米大統領補佐官・国家安全保障問題担当 - Sputnik 日本, 1920, 22.02.2022
ジェイク・サリバン米大統領補佐官・国家安全保障問題担当はバイデン米大統領とプーチン大統領の会談は、ロシアがウクライナ「侵攻」を行わないのであれば可能だが、すべての兆候は「大規模な攻撃」が準備されていることを示していると指摘した。
サリバン米大統領補佐官はNBCからの取材に「マクロン仏大統領が昨日(20日)、バイデン大統領に、ロシアが侵攻しなければプーチン大統領と原則的には会談の意思があるかと尋ねたところ、バイデン大統領はもちろん『イエス』と答えた。しかし、すべての兆候は、彼ら(ロシア)がウクライナへの大規模な攻撃の準備をしていることを示している」と語った
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 21.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
プーチン大統領 ドンバス対立の平和裏解決のためにロシアは最善を尽くした
サリバン補佐官は、米国は「外交の扉を閉ざさず」また紛争の平和的解決を図るために「一層頑張る」用意があることを強調しつつも、「ただし、ロシアが攻撃してきた場合、同盟国やパートナーとともに断固とした対応を行う準備もしている」と述べた。
関連ニュース
ロシアはウクライナ「侵攻」への準備進めている=ホワイトハウス
日本の岸田首相 日本としても緊張緩和の努力が必要 ウクライナ情勢
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала