ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナに関するIAEA決議、チェルノブイリ原発の管理をウクライナ当局に移すようロシアに要請

© Sputnik / Russian Defence Ministry / フォトバンクに移行チェルノブイリ原発
チェルノブイリ原発 - Sputnik 日本, 1920, 10.03.2022
国際原子力機関(IAEA)理事会のウクライナの核安全保障に関する決議は、チェルノブイリ原子力発電所やその他の原子力施設の管理をウクライナの関係当局に移すようロシアに要請している。
IAEA理事会は3日、決議を採択した。ロシアと中国は決議に反対し、決議はIAEAの権限の範囲を超えており、政治的要素が多く含まれていると指摘した。
IAEAが9日に公表した決議では「チェルノブイリ原子力発電所およびウクライナのその他のあらゆる原子力施設に対するすべての行動を直ちに停止し、ウクライナの管轄当局が国際的に認められたウクライナ国境内のすべての原子力施設に対する完全な管理を維持または迅速に回復し、それらの安全な運用を確保できるようにするよう、また物質の計量および管理に関する不可欠な検証を含むその検認活動をIAEAが全面的に再開できるよう、ロシア連邦に要請する」と述べられている。
プリピャチ - Sputnik 日本, 1920, 09.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ザポロジエ原発 放射線量は正常、露国防省の専門家らが管理=ロシア軍
ウクライナは、チェルノブイリ原発が送電網から切り離され、外部からの電力供給を喪失したとIAEAに通知した。一方、IAEAのグロッシ事務局長は、プール内には十分な量の冷却水があり、使用済み燃料からの効率的な熱除去を維持できるため、使用済み燃料貯蔵施設の基本的な安全機能に重大な影響はないと説明した。
なおグロッシ氏は、「すべての原子力サイトで、外部電源(送電網)からの電力が確実に供給されること」は原子力安全確保に関する7つの原則の1つであるため、深い懸念を表明した。
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。
チェルノブイリ原発(稼働停止)とザポロジエ原発(稼働中)周辺のエリアが管理下に置かれた。8年ぶりに北クリミア運河の封鎖が解除され、クリミアへ水を供給するための作業が行われている。
関連ニュース
ザポロジエ原発 IAEA事務局長、放射性物質の放出はない
ロシア軍によるザポロジエ原発の攻撃はウクライナ側のプロパガンダ=露大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала