ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

インド ウクライナ情勢から英議員代表団の訪問を中止 マスコミ

インド旗 - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
インドは英国との意見の相違が深まる中、目前に予定されていた、リンジー・ホイル議長を団長とする英下院代表団の訪問受け入れを中止した。ガーディアン紙が報じた。
インドは、この中止について、ロシアのウクライナでの特殊作戦からインドが距離を置くことを拒否したためと説明している
訪問については、英国の政治家がインド指導部に圧力をかけ、ウクライナ情勢に対するインドの立場の変更を狙うのではないかと懸念がインド側に生まれる可能性が指摘されていた。一方でガーディアン紙の記事の著者は、今回の決定は代表団の個別の代表者にも起因している可能性があると示唆した。
これに先立ち、インドはロシアに自社企業への投資を認め、ロシア産石油を数百万バレル購入していた事実が報道で明らかにされた。またルピーとルーブル間の決済へ移行する交渉も行われているこついても報告されている。
バイデン氏 - Sputnik 日本, 1920, 22.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
バイデン大統領 インドのウクライナに関する立場は「ややぐらついている」
プーチン大統領は2月21日、ドネツク、ルガンスク両人民共和国の要請に及び下院(国家会議)での決議、要請を受け、両人民共和国の独立を承認する大統領令に署名した。
ロシアのプーチン大統領は、24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと述べた。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
関連ニュース
米国がイラクでの戦争犯罪の後、ロシアを非難する権利を持っていない=SCMP
天然ガスのルーブル決済は技術的に可能=ドイツ連邦議会
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала