米メディア 女性にとって危険なApple製品を紹介

AirTag(エアタグ - Sputnik 日本, 1920, 08.04.2022
米国の警察は、Appleが開発した小型の忘れ物タグ「AirTag(エアタグ)」が女性を監視するなどの犯罪行為に多く使用されていると発表した。米メディア「ヴァイス」が報じている。
同メディアによると、テック系メディア「マザーボード」はここ8ヶ月間でエアタグに関する150件の報告書を調査した。そのうちの50件は、女性が私物や車の中からエアタグを発見したと通報したケースだった。そのうちの25件は元パートナー、夫、上司などが仕掛けていることが分かった。それ以外のケースでは、同製品が窃盗やストーカー目的で使用されていた。
監視技術を注視するプロジェクト「ストップ・スパイ」によると、追跡用の製品やスパイウェアはエアタグが登場する以前から存在していたが、Apple社が同製品を安い価格で販売することで、犯罪者はターゲットを追跡しやすくなったという。
関連ニュース
米AppleがiPhone SEとAirPodsの生産台数を削減へ ウクライナ情勢の影響で
テスラ、スキャンダルとなった「ギガファクトリー」をドイツで始動
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала