米国が衛星攻撃兵器の実験禁止声明 露ロスコスモス長官がその理由を解説

© Sputnik / Aleksey Nikolskyiロシア国営宇宙企業のドミトリー・ロゴジンCEO(アーカイブ写真)
ロシア国営宇宙企業のドミトリー・ロゴジンCEO(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 19.04.2022
ロシア国営宇宙企業「ロスコスモス」のドミトリー・ロゴジン長官は、衛星攻撃兵器の実験を米国は禁じているというカマラ・ハリス米副大統領の発言に疑問を呈した。ロゴジン長官はこの声明をSNS「テレグラム」上の自身のチャンネルに表した。
ロゴジン長官は、衛星攻撃兵器の実験がモラトリアムになっているということは米国は一連の実験シリーズをすでに終了し、「米宇宙軍に軍備した」にすぎないとの見解を示している。
これより前、ハリス米副大統領は米国政権が宇宙での作業基準に新ルールを策定し、樹立することを希望しているとし、「この実験は危険だ。このため我々はこれを今後行わない」と述べていた。
大陸間弾道ミサイル「ミニットマンIII」 - Sputnik 日本, 1920, 02.04.2022
ロシアへの配慮から米軍が大陸間弾道ミサイルの発射実験を再延期
関連ニュース
「ロスコスモス」に対する制裁でより苦しむのは欧州=ロゴジン社長
ISS事業から脱退してもロシアは義務を履行する=ロゴジンCEO
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала