ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアをテロ支援国家のリストに追加する問題を検討=米国務省

© AP Photo / Frederic J. Brownアントニー・ブリンケン国務長官
アントニー・ブリンケン国務長官 - Sputnik 日本, 1920, 28.04.2022
米国はテロ支援国家のリストにロシアを追加する問題について検討している。アントニー・ブリンケン国務長官が表明した。
国務長官は上院の公聴会に出席した中で、ロシアをテロ支援国家に指定する問題を検討していることを明らかにした。公聴会の中で国務長官は「ロシア人がウクライナ人にテロ行為を働いていることに疑いはない」と明確に発言した。
ロイド・オースティン国防長官 - Sputnik 日本, 1920, 27.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナ危機による核戦争は起こり得ない=米国防総省
国務長官によると、承認プロセスに問題が残っているだけだという。弁護士らは現在、法律上の問題が無いか、確認作業を進めている。
ウクライナ情勢について言及した中でブリンケン国務長官は自衛のために必要な兵器を引き続きウクライナに供給するものの、米軍がウクライナ領内での戦闘行為に参加することは「別の問題」であると指摘した。
米国はロシアに対する制裁をさらに強化する姿勢を示しており、直近の数週間において同盟国と連携し、追加制裁に踏み切るという。また、今週にも米国の外交官らはウクライナに復帰し、首都キーウ(キエフ)の大使館業務再開に向けてまずは西部リビウで勤務する見通し。
関連ニュース
ウクライナ軍が南部ヘルソンにミサイル攻撃、ロシア軍が一部の撃墜に成功
バイデン大統領、5月下旬に日本と韓国を訪問へ=ホワイトハウス
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала