ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国によるウクライナ支援の目的は植民地化すること=露大統領補佐官

© Sputnik / Sergey Karpuhin/POOL / フォトバンクに移行メジンスキー露大統領補佐官
メジンスキー露大統領補佐官 - Sputnik 日本, 1920, 23.05.2022
ウラジーミル・メジンスキー露大統領補佐官は、米国が行っているウクライナへの支援について、これは米国がウクライナを財政的、政治的な義務で支配し、植民地化しようとするものだとの見解を明らかにした。
22日、ベラルーシのテレビ局ONTからのインタビューに答えたメジンスキー補佐官は、「アングロサクソン人の打算のなさを信じることができるのは、人生で歴史を学んだことがなく、歴史映画を一度も見たことがない人間だけだ」と述べ、西側世界はウクライナにこのような支援を行うことで、満足をもたらしつつ有益な2つの課題を同時に実行していると思うと指摘した。
米国務省報道官のジョン・カービー氏 - Sputnik 日本, 1920, 20.05.2022
ウクライナをめぐる情勢
米軍がウクライナに130億円相当の追加軍事支援、榴弾砲に加え対砲兵レーダーを供与
その2つの課題についてメジンスキー氏は、一つは、「彼らが自らの地政学的競争相手であり、敵であると考えるロシアに」最大限に害を及ぼすというものであると述べ、「米国は単にロシアを苦しめようとしているだけでなく、ロシアを構成体レベルに崩壊させようとしていることは明らか」だとし、こうした目標に躍起になっている国は米国が初めてではないが、成功した例はないと強調した。一方、2つ目の課題についてメジンスキー補佐官は、ウクライナに最大限に財政的、政治的義務を押し付け、ウクライナを植民地にしようとしていることだとした。
さらにメジンスキー補佐官は、「ウクライナ政権はこのことをよく理解している」と指摘し、「彼らは馬鹿ではなく、このことを十分に理解している。ただし、その代償を払うのは彼ら自身ではなく、次の世代だ」と強調した。
米上院は19日、およそ400億ドルのウクライナ支援法案を圧倒的多数の賛成で可決。21日、ジョー・バイデン米大統領がこれに署名した。
関連ニュース
カナダ ウクライナへ120億円を新たに借款へ
G7、ウクライナに2兆3400億円の経済支援
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала