ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナへのあらゆる兵器供与は、露米直接衝突のリスクを高めている=露外務次官

© Sputnik / Alexey Vitvitsky / フォトバンクに移行ジュネーブで安全保障に関するロシアと米国の協議
ジュネーブで安全保障に関するロシアと米国の協議 - Sputnik 日本, 1920, 01.06.2022
ロシアのリャプコフ外務次官は、リア・ノーボスチ通信のインタビューで、米国はウクライナ危機の解決策を見つけるために何もしておらず、紛争におけるウクライナへの軍事支援に関する米国の方針は前例がなく危険だとの考えを示した。
リャプコフ氏は、米国がウクライナにロケットシステム「ハイマース(HIMARS)」の供与を決定したという観点から、ロシアと米国が公然に衝突するリスクが高まる可能性はあるかという質問に対し、次のように答えた。
「現在も続き、増大しているあらゆる兵器供与は、(事態が)そのように進展するリスクを高めている」
またリャプコフ氏は、このような兵器を「自制」の要素を含むものとしてウクライナに提供する米国の試みは、無意味だと指摘した。
多連装ロケット砲ハイマース - Sputnik 日本, 1920, 01.06.2022
ウクライナをめぐる情勢
米国がウクライナに供与する多連装ロケット砲の射程は80km、ロシア領は攻撃対象とせず=ホワイトハウス
リャプコフ氏は、米国は何年もの間、ウクライナ紛争の解決策を見つけるために何もしようとしなかったと述べ、ロシアがウクライナで特殊軍事作戦を開始した後は、状況への責任ある健全なアプローチを完全にやめ、今や米国は、ロシアに戦略的敗北をもたらすためにあらゆることをしようとしていると指摘した。
関連ニュース
バイデン氏「ウクライナに露攻撃可能なミサイル供給せず」
ギリシャ、ウクライナに旧ソ連製の戦闘車を供与へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала