ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

英国、ウクライナ向け多連装ロケット砲の再輸出を米国と調整=ポリティコ紙

© 写真 : Public domain/U.S. Air Force/Airman Aaron Guerrisky英国、ウクライナ向け多連装ロケット砲の再輸出を米国と調整=ポリティコ紙
英国、ウクライナ向け多連装ロケット砲の再輸出を米国と調整=ポリティコ紙 - Sputnik 日本, 1920, 02.06.2022
英国は米国製の多連装ロケット砲M270をウクライナに再輸出する計画を米政府と調整している。ポリティコ紙が交渉に詳しい情報筋を引用して報じた。
消息筋によると、米国はM270の再輸出を近く承認するという。ボリス・ジョンソン英首相はジョー・バイデン米大統領とM270の供与について既に議論した模様。
米国防総省 - Sputnik 日本, 1920, 02.06.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナに供与する多連装ロケット砲は4基=米国防総省
再輸出に関する協議は2日にも外相レベルで行われる。消息筋によると、米国側にこれを拒否する理由はないとのこと。M270の射程距離は50マイル(約80キロ)であることから、ロシア領は攻撃できないと見られている。
ロケット砲の射程距離は西側で躓きの石となっていた。供与される兵器でウクライナ軍がロシア領を攻撃する場合、ロシア側が報復するとの懸念が高まっている。
関連ニュース
中国が制裁回避しつつロシアを支援している可能性を懸念=米国務長官
ドイツ、ウクライナに近代的な防空システム供与へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала