ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ホワイトハウス、米国人傭兵に対する死刑判決の可能性に懸念を示す

© Sputnik / Mikhail Turgiev / フォトバンクに移行ホワイトハウス、米国人傭兵に対する死刑判決の可能性に懸念を示す
ホワイトハウス、米国人傭兵に対する死刑判決の可能性に懸念を示す - Sputnik 日本, 1920, 22.06.2022
ホワイトハウスはロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官がウクライナ東部で捕虜になった米国人傭兵2名について、死刑判決の可能性を示唆していることに懸念を示している。米国家安全保障会議(NSC)のジョン・カービー戦略広報調整官が記者会見で表明した。
カービー戦略広報調整官は捕虜になったとされる傭兵についての情報収集を進めると同時に、ロシア政府高官が「ウクライナにいた米国市民」の死刑宣告を容認していることには「驚愕する」と指摘した。
米国務省のネッド・プライス報道官はこれらの傭兵を巡り、ロシア側に連絡していることをブリーフィングで明らかにした。
露国営放送、米国人傭兵の映像を公開 - Sputnik 日本, 1920, 18.06.2022
ウクライナをめぐる情勢
露国営放送、捕虜になった米国人傭兵の映像を公開
先にドミトリー・ペスコフ報道官は米MSNBCテレビの取材に応じた中で、ロシア軍を攻撃していた米国人らは傭兵(soldier of fortuneであることから、捕虜の扱いについて定めたジュネーブ条約の適用対象にはならないとの見方を示していた。また記者の質問に答えた中で、傭兵らに対する死刑宣告の可能性を否定しなかったほか、 ロシア政府は裁判所の決定に干渉する権利を持たないと説明した。
米国のウクライナ政策は世界大戦を引き起こす=トランプ氏 - Sputnik 日本, 1920, 18.06.2022
ウクライナをめぐる情勢
米国のウクライナ政策は世界大戦を引き起こす=トランプ氏
15日に英紙テレグラフは、ウクライナ東部で戦闘行為に関わっていた米国の傭兵2人がハリキウ(ハリコフ)近郊でロシア側の捕虜になったと報じていた。
関連ニュース
ロシア軍とウクライナ軍の火力差は15倍、アジアやアフリカは「抵抗の停止」を提案=宇外相
ウクライナ軍、重兵器の5割を失う=ウクライナ軍将軍
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала