09:59 2020年08月13日
アジア
短縮 URL
0 02
でフォローする

米軍のハイテン統合参謀本部副議長は22日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩朝鮮労働党委員長の健康不安説について「確認する情報も否定する情報もない」と述べた。時事通信が伝えた。

ハイテン氏は「正恩氏は今も核戦力と軍を完全に掌握していると思う」と指摘した。

一方、ポンペオ米国務長官は同日、「北朝鮮で何が起きているか注視している」と表明した。

CNNは20日、金正恩氏が手術を受けた後に重体になっていると報道していた。これに対して、聯合ニュースは、韓国政府がそのような情報を持っていないと反応したと北朝鮮情勢に詳しい官僚の話をもとにが伝えていた。

関連ニュース

タグ
金正恩, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント