13:27 2020年07月14日
アジア
短縮 URL
0 11
でフォローする

韓国の食品医薬品安全処は、新型コロナウイルスの治療に役立つ可能性がある抗ウイルス薬「レムデシビル」の輸入を承認した。韓国疾病予防管理局(KCDC)が発表した。

米国では5月1日、「レムデシビル」の新型コロナウイルス患者への緊急時使用が許可された。「レムデシビル」は米ギリアド・サイエンシズ社が開発したエボラ出血熱の治療薬。現在、新型コロナの重症患者に対する国際的な臨床試験が行われている。日本では5月7日に新型コロナウイルスの治療薬として特例承認され、11日から配送が始まった

病院側には、レムデシビルの臨床試験がすべて完了していない場合でも、新型コロナ重症患者への投与が求められる。韓国では患者の約5%が重症患者だという。

KCDCは先に、供給不足のため、レムデシビルが韓国に到着する時期は不明だと指摘した。


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント