13:09 2021年06月15日
アジア
短縮 URL
0 26
でフォローする

16日早朝、日本の沖縄県・尖閣諸島(中国名:ジャオユイダオ)沖合の領海内に中国海警局の船2隻が侵入し、合わせて4隻で日本の漁船に接近する動きを見せた。NHKが報じた。

日本の海上保安本部によると、同船は16日午前4時すぎ、日本の領海に侵入した。別の2隻が15日、領海に侵入し、現在も航行を続けている。

大型の武器を搭載した船の領海への侵入は中国で「海警法」が施行されてからはじめて。今月1日に施行された同法により、中国海警局は外国船舶に対し武器の使用が認められた。

海上保安本部は、漁船周囲に巡視船を配備して警戒を強めるとともに、直ちに領海から出るよう警告を続けている。


尖閣諸島をめぐる日本と中国の領有権争いは、私有地だった尖閣諸島を日本政府が2012年9月に購入して国有化した後、悪化した。国有化を受け、中国では大規模な反日デモが起こった。国有化後、中国船は尖閣諸島周辺を常に航行しており、定期的に周辺水域に侵入している。

関連記事

タグ
中国, 日本, 尖閣諸島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント