11:15 2018年09月22日
ロシアとサウジアラビア、「OPECプラス」の無期限延長で合意

ロシアとサウジアラビア、「OPECプラス」の無期限延長で合意

© REUTERS / Heinz-Peter Bader
経済
短縮 URL
0 42

ロシアとサウジアラビアは「OPECプラス」の枠組みを延長する考えで基本的に一致した。アレクサンドル・ノバク露エネルギー相が明らかにした。これに関して、6月22日から23日にかけてウィーンで開催予定のOPEC総会で議論される。

スプートニク日本

OPEC総会ではまた、日量150万バレルの減産緩和について議論される。OPECイラン代表のカーゼムプール氏は、「ロシアとサウジアラビアが石油採掘量を増産したいならば、全会一致を要する。もし両国が単独で行動するものなら、減産合意に反することになる」と述べた。

ノバク氏は今週、ロシアとサウジアラビアが段階的な増産で意見が一致したことを明らかにしている。

関連ニュース

原油価格、OPEC監視委会合を前に下落

原油価格、OPEC・米シェール生産者会合の結果待ちで若干上昇

OPEC 10の非加盟国が産油制限合意に参加の可能性 消息筋

タグ
OPEC, サウジアラビア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント