12:20 2020年12月01日
経済
短縮 URL
0 14
でフォローする

米ビデオ会議システム「Zoom」の創業者エリック・ユアン氏の資産は、24時間で60億ドル(約6370億円)増加したことから同氏の資産総額は230億ドル(約2兆4400億円)に押し上げられた。米ブルームバーグ通信社が報じている。

ユアン氏の保有資産が急上昇したのは、Zoomがアナリストの予想を上回る記録的な収益成長発表した後のことだった。

Zoomは8月31日、同社の第2四半期の売上高が6億6350万ドル(約704億2100万円)と発表した。これは前年同期比の355%増。ブルームバーグによると、この決算発表後、同社の株価は40%以上上昇した。また、ユアン氏は同社の株式を5000万株以上保有しているという。

同通信社によると、2020年にはアマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏や米電気自動車メーカー「テスラ」のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の保有資産額も24時間で急上昇した。ベゾス氏の保有資産は7月、24時間で130億ドル(約1兆3800億円)、マスク氏は8月に約80億ドル(約8490億円)増加した。

関連記事

タグ
経済, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント