07:41 2020年10月22日
経済
短縮 URL
米国でのTikTok禁止 (35)
0 31
でフォローする

中国の動画投稿アプリ「TikTok」の米国法人運営会社のCEOを務めていたケヴィン・メイヤー氏は、トランプ米大統領が同アプリの米国での使用禁止を威嚇した後、辞職した。フィナンシャルタイムズ紙が「バイトダンス」社内の文書を引用して報じた。

フィナンシャルタイムズ紙は「ケヴィン・メイヤー氏はTik Tok(米法人)のCEOに就任してわずか数か月後に社を去ろうとしている」と報じている。メイヤー氏は2020年5月から同社のCEOに就任していた。

トランプ氏
© REUTERS / Jonathan Ernst
社内文書によると、メイヤー氏の辞任後、同ポストはゼネラルマネジャーのヴァネッサ・パパス氏が臨時に務める。

メイヤー氏はトランプ大統領が米国内でのTikTokの使用を禁じた後、辞任を決意した。トランプ大統領は9月15日までにTikTok親会社「バイトダンス」が米法人を売却しない場合、TikTokの米国での使用を禁じる措置を講じた。

米政権は、TikTokが米政権のデーターを中国当局に流していた可能性があるとして、これを非難している。TikTokの親会社「バイトダンス」はこれを否定し、米政権を相手取った訴訟の準備に取り掛かった。中国政権も「バイトダンス」のこの決定に支持を表明している。

8月、これより前、マイクロソフト社は米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドにおけるTikTokの海外事業の買収交渉を続け、9月15日までにこれを終了する計画を明らかにしていた。

マイクロソフト社のこの発表が報じられた後、マスコミにはツィッターがTikTokの米法人との合併の可能性を模索し、前段階交渉を行ったというニュースが流れている。

関連記事

トピック
米国でのTikTok禁止 (35)
タグ
ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント