09:21 2020年10月25日
経済
短縮 URL
0 10
でフォローする

米ハワイ島では各失業者にレストランでの飲食代として500ドルが支給される。州政府は給付に7500万ドル(約79億円)を割り当てる。

給付金の使用期限は12月15日。この日を過ぎるとカードを使用できなくなる。

ハワイ島ではこのような形でコロナ禍で失業したり職を見つけられない人々だけでなく、カフェやレストラン、また農業生産者や供給チェーンに関わる人々の支援を行っている。

同様の措置はウィーンでも講じられている。ウィーン市民はカフェやレストラン代として25-50ユーロ(約3500-6700円)を受給。北京では買物・娯楽を対象にした商品券が配布された

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント