04:46 2021年05月18日
経済
短縮 URL
0 215
でフォローする

世界の国々がドルの安定性を疑うようになれば、ドルはその役割を失う。ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官が、同国のテレビ局「第1チャンネル」の番組『ビッグ・ゲーム』で語っている。

同報道官は、「ロシアの貿易取引におけるドルの割合は年々縮小している。ドルの安定性や発行国の安定性を疑うようになれば、世界中でそうなる(縮小する)だろう。人々は去り始めるようになる」と述べた。

先日、ロシアは米国からの制裁強化を背景に、徐々にドルを放棄し始めたと報じられた。2020年第4四半期におけるロシアの輸出総額に占めるドルの割合は、初めて50%を下回り、48.3%となった。一方、前年同期では61%を超えていた。

この状況は、ロシアが中国との貿易を拡大していることが大きく影響している。ロシアは2020年第4四半期において、貿易取引の80%以上をユーロで行っていた。

ロシアは現在、米国による制裁を受け「非友好国」のリストを作成していると報じられた。

関連ニュース

タグ
ロシア, 米国, 経済, ドル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント