02:40 2020年07月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 32
でフォローする

夏の到来でエアコンの使用が始まると、エアコンでコロナウイルスに感染することはあるのか問われ始めている。これについて今回のパンデミックで大きな犠牲を払った国、スペインの研究者らは独自の仮説を唱えている。スペインの学会の出した仮説をレダッシオン・メディカ誌が引用して報じている。

スペインの環境保護アソシエーション(SESA)と公衆衛生保健衛生行政学会(SESPAS)の研究者らは、冷房機による感染リスクはそう大きくないと考えている。エアコンの機械の中でのウイルスの増殖を云々するのは「意味がない」とし、感染の問題はウイルスが人体組織に侵入するかどうかの話だと指摘している。

こうした一方で研究者らもこの問題についての研究は現段階では不十分であることは認めており、研究不十分であるがゆえに、エアコンがウイルス拡散を助長すると考えるのも時期尚早という認識を持っている。

5月中旬、世界保健機関(WHO)は閉鎖空間で消毒液の散布を行うのは効果がないどころか、呼吸器官や皮膚に危険だと報告している。

関連ニュース

 

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

 

タグ
スペイン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント