16:47 2020年07月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 122
でフォローする

ロシアで実施された大規模な世論調査の結果、ロシア人の4分の1が新型コロナウイルスの流行を信じておらず、利害関係者がつくり出したものだと考えていることがわかった。またロシア人の3分の1は、新型コロナウイルスの危険性を信じていないこともわかった。世論調査は、ロシアの権威ある大学の一つ、高等経済学院によって実施された。

世論調査は3月18日から5月26日にかけて行われ、ロシアの全地域から20歳から60歳までの3万人以上が参加した。

結果、ロシア人の23.2%が新型コロナウイルスの流行を信じておらず、さらに約9.6%が新型コロナの危険性は誇張されていると考えていることがわかった。

また、新型コロナの流行を信じないロシア人たちの行動は、新型コロナの流行を認める人たちと根本的に異なっているという。

信じないグループの43%は家族や親戚を訪問し、54%が散歩に出かけている。また74%が外出禁止措置(モスクワでは6月14日まで延長された)は必要なかったと考えている。

ロシアの新型コロナウイルスの累計感染者はおよそ40万人、累計死者数は4555人。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
調査, ロシア, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント