03:47 2020年11月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

研究者の国際グループは、初夏にスペインの労働者らの間ではじめて確認された新種の新型コロナウイルス20A.EU1が欧州で急速に拡大し、現在、新型コロナウイルスの新たな症例の大部分の原因となっていると発表した。ポータルサイト「medrxiv」で発表された記事のプレプリントで明らかとなった。

発表では、新種の20A.EU1が6月にスペインで発見されて以来、同国以外のスイスやアイルランド、英国で頻繁に確認され始めた。ほかにも同種の感染はノルウェーやラトビア、オランダ、フランスで拡大した。

記事では、20A.EU1と命名された新型コロナウイルスの変種は、空前の早さで欧州で広まったと強調される。さらに研究者チームは、20A.EU1にウイルスが人間の細胞の中に侵入するために利用するタンパク質に特定の変種が存在するのかどうかの解明に取り組んでいる。

フィナンシャル・タイムズ紙に対し、研究責任者エマ・ホドコロフト氏は、こうしたダイナミズムを伴うコロナウイルスの変種をかつて見たことがないと語った。エマ氏によれば、20A.EU1はこれまで目にしたどの新型コロナウイルスの変種にも似ていないという。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
欧州, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント