13:05 2021年01月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 16
でフォローする

ブラジルの最高裁判所は、政府が国民に対し新型コロナウイルスワクチンの接種を「間接的に強制する」ことを許可した。当該の法律が採択された場合、各級の政府はワクチン接種を拒否した国民に対し、制限を設ける可能性がある。ブラジルのFolha紙が伝えた。

Folha紙が用いた裁判後の資料では「連邦最高裁判所は、当該の法律によって新型コロナウイルスワクチンの接種は義務付けられる可能性があると判決を下した」と述べられている

委員会は、ワクチン接種の強制にまつわる問題を検討する際、リカルド・レヴァンドフスキ裁判官を支持した。同裁判官は、ワクチンを接種せずに特定の場所へ訪問することや特定の活動へ参加することを禁止とすることを例に挙げ、「間接的に」ワクチン接種の強制を実行できると主張した。

同時に、レヴァンドフスキ裁判官は、ワクチン接種には本人の同意が必要であることを強調した。強制的にワクチン接種を決めること、つまり、その人の明白な同意がなければ、憲法の重大な違反となる。

この決定により、ブラジルの州および地方自治体レベルの当局は、市民にワクチン接種の義務を課し、しかるべき制限を課すことが可能になった。

ブラジル政府は、国家衛生監督庁(Anvisa)によって承認されたワクチンを用いて、2021年に国民全員にコロナウイルスワクチンの接種を行う計画を立てている。先に、2021年1月と2月に、アストラゼネカ、シノバック、ファイザー&バイオエヌテックのコロナウイルスワクチンの最初の出荷分がブラジルに調達されると報じられた。

11月、ブラジルでは深刻な副作用からシノバック社のワクチン「CoronaVac」の実験が中止されたと報じられた。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
ブラジル, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント