16:37 2021年07月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (135)
0 31
でフォローする

メキシコ政府はロシアのコロナウイルスのワクチン「スプートニクⅤ」を偽造したロットを摘発した。ロシア直接投資基金が明らかにした。

基金は没収された箱の写真から、これが偽造ワクチンであることは明白であり、コンテナーのデザイン、ラベルも含めて本物のワクチンとは似ても似つかないと断言した上で、発送プロセスは公式の「スプートニクⅤ」ワクチンの包装、輸送プロトコルに準じて行われたと指摘している。

基金は、「スプートニクⅤ」の各ロットは最も厳重なコントロール下で包装されており、注射液ごとにQRコードがつけられ、輸送を行うのも承認を受けた業者のみとなっていると説明している。

基金は偽造ワクチンを摘発したメキシコ政府、税関、軍部に対して謝意を表した。

先のロイター通信の報道で、EU加盟の数か国が「スプートニクV」の購入について交渉開始を検討していることがわかっている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (135)
タグ
新型コロナウイルス, メキシコ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント